北朝鮮情勢にそっくり!? 軍事圧力で"無血開城"させた「キューバ危機」とは?

 

「キューバ危機」以来の緊張状態です。

 

6度目の核実験を行った北朝鮮はさらに、再び長距離弾道ミサイル(ICBM)の発射準備を進めていると言われています。

 

この状況に対して、マティス米国防長官は、「北朝鮮を全滅させようとしているわけではないが、そうするための選択肢は数多くある」と述べました。

 

トランプ大統領も記者に「北朝鮮への攻撃に踏み切るのか」と聞かれ、「そのうち分かる」と、思わせぶりな返答をしています。

 

これらは、キューバ危機以来の「異例の発言」として、米国内でも衝撃をもって受け止められているといいます(5日付産経新聞)。

 

「キューバ危機」というと、テレビなどで概要を聞いたことはあるかもしれません。「1962年に当時のケネディ米大統領が、旧ソビエト連邦との核戦争の瀬戸際に立たされた」という事件です。

 

実は、この危機はいくつかの面で、今の北朝鮮を巡る状況と似ています。そして、「強気の軍事圧力が、むしろ危機の回避につながりうる」ことを教えてくれる事例でもあります。

 

本欄では、その流れをざっと解説いたします。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language