北朝鮮の脅威に、自由主義陣営の緊密な連携を 台湾・民進党立法議員 羅致政氏インタビュー

 

羅致政

プロフィール

台湾の立法議員(国会議員)。民進党国際局長。東呉大学政治学部副教授。 国立政治大学卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に留学。

 

インタビュアー

藤井幹久

宗教法人・幸福の科学 国際政治局長

台湾では昨年春、蔡英文氏の総統就任とともに、国民党から民進党への8年ぶりの政権交代が起きた。中国寄りの姿勢が目立つ国民党の外交政策からの転換も期待される。

 

北朝鮮の度重なるミサイル発射など、台湾を取り巻く安全保障上の危機を念頭に、与党・民進党の外交政策の責任者でもある羅致政氏にインタビューを行った。

 

 

台湾は、自由で成熟した民主主義国家

――昨年、国民党から民進党への政権交代がありました。

羅致政: 選挙による平和的な政権交代は、2000年、2008年に続き、今回で3度目です。台湾が安定し、成熟した民主主義国であることの証明です。国民の意思が尊重される国になっているのです。この点、中国や香港とはまったく異なっています。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language