アメリカと北朝鮮が一触即発 「トランプを止めろ」は危ない - ニュースのミカタ 1

アメリカと北朝鮮が一触即発 「トランプを止めろ」は危ない - ニュースのミカタ 1

8月17日、日米2プラス2会合を前に握手を交わす、(左から)日本の小野寺防衛相、河野外相、米国のティラーソン国務長官、マティス国防長官。写真:ロイター / アフロ

 

2017年10月号記事

 

ニュースのミカタ 1

国際

 

アメリカと北朝鮮が一触即発

「トランプを止めろ」は危ない

 

 アメリカと北朝鮮の対立が続いています。

 北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実験を立て続けに行い、米国防情報局が北朝鮮の小型核弾頭が完成したと分析した8月上旬、トランプ米大統領はこう発言しました。

「北朝鮮はアメリカをこれ以上脅かさないほうがいい。世界がこれまで見たことのないような炎と怒りに直面する」

 するとすかさず、北朝鮮国営メディアの朝鮮中央通信は「中距離弾道弾をグアムに向けて発射する作戦を検討中」「日本列島を瞬時に焦土化できる能力を備えた」と報じました。

 これにトランプ氏は「誰も見たことのないような事態が北朝鮮で起きる」と応じます。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

トランプ氏が何もしなかったら?

北朝鮮を攻撃した場合の正当性は?

元太平洋軍司令官 キーティング氏インタビュー

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年10月号記事  ニュースのミカタ  ミサイル  発射  Jアラート  自衛権  アメリカ  北朝鮮  戦争  安全保障  

Menu

Language