「監視社会」のリアル あなたのスマホは見られている Part.1

「監視社会」のリアル あなたのスマホは見られている Part.1

 

2017年10月号記事

 

「監視社会」のリアル

あなたのスマホは見られている Part.1

 

現代社会では、ネットやスマホが生活必需品になり、大量のデータが全世界を駆け巡っている。

もし、それを覗き見している人がいるとしたら、あなたはどう思うか。

 (編集部 山本慧、長華子、小川佳世子)

 


contents

「監視社会」のリアル あなたのスマホは見られている Part.1

「監視社会」のリアル あなたのスマホは見られている Part.1


 

日本もこうなる!? ここまで来た世界の監視

 

ピース写真をSNSに投稿すれば、指紋が簡単に複製される

ウェブカメラやスマホのカメラは、遠隔操作で作動できる

ロシアでは、アメリカ、フランス、日本などの120を超える国々の防犯カメラの映像が、リアルタイムで流れている

グーグルは、ユーザーのメールの内容を見ていた

「津波」「電気」「ガス」「インフラ」「中国」「攻撃」などの言葉をSNSにつぶやけば、監視対象になる

ツイッターに「アメリカに着いたらひと暴れしよう」と冗談をつぶやいたら、アメリカの空港で捕まった

アメリカの空港で家族3人が、職員に引き留められた。理由は、子供がテロリストのリストに載っていたためだ。

だが、子供は生後11カ月の赤ん坊だった

アメリカで左翼的な本や性的少数者の本を買った消費者が、警察に事情聴取を受けた

アメリカ人男性が、テロリストのリストに載っていた人物と同姓同名であったため、就職面接の経歴チェックに引っ掛かり、不採用となった

出典:『アメリカから〈自由〉が消える』(堤未果著 扶桑社新書)ほか。
写真:Christian Bertrand / Shutterstock.com、charnsitr / Shutterstock.com、Sean Pavone / Shutterstock.com

 

 

「フェイスブックはあなたが誰であるか、アマゾンは何を買いたいか、グーグルは何を考えているかを明らかにする」(歴史家のジョージ・ダイソン著『Turing's Cathedral』)

 世界中の人が毎日のように利用するグーグル、フェイスブック、アマゾンなどのITサービス。近年、「政府が数社のIT情報を集約するだけで、個人の行動を予測できる」という危険性を指摘する声が上がっている。

 

 

グーグルに嘘はつかない

 誰もグーグルの検索欄に嘘をつかない。不倫や借金、病歴、趣味などを検索すれば、グーグルは、検索履歴とサイトの閲覧履歴を永久保存している。

 フェイスブックは、「いいね」の履歴や友人へのメッセージでユーザーの思想信条や、交友関係の親密さを把握できる。

 スマホのアプリを使えば、所有者の位置情報が発信され、どのコースをランニングし、何時ごろに就寝しているかなどの行動パターンも予測される。

 さらに、ネットのサービス加入時の誓約書に同意すれば、企業はタダ同然で個人情報を転売できる。第三者が家族以上にあなたのことを知ることになる。

 「東京都30代男性というように、個人情報が匿名化されているから安全だ」という見方もあるが、多数の情報を組み合わせれば、個人を特定することは難しくない。

 ITの進歩により、生活は便利になった。だがその代償に、個人のネット上の言動は常に誰かに見られ、実害も生じている(上事例)。政府がこうした莫大な個人情報を入手すれば、プライバシーは危機的状況になる。

 「何も悪いことをしていないから大丈夫」と思いたいが、善良な市民であっても、監視されている。次ページより、監視社会の闇に迫る。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

NSAの恐ろしい監視体制

監視社会に近づく日本

捜査権限は拡大の一途

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年10月号記事  監視  スマホ  テロ  警察  グーグル  検索  フェイスブック  NSA  情報収集  エドワード・スノーデン  

Menu

Language