山口敏太郎のエックス-リポート 【第60回】

山口敏太郎のエックス-リポート 【第60回】

 

2017年10月号記事

 

No. 060

 

山口敏太郎 X report

テレビなどで活躍する超常現象コメンテーターが宇宙人、UFO、その他の超常現象をジャーナリスティックに検証する。

 

山口敏太郎

(やまぐち・びんたろう)1966年、徳島市生まれ。神奈川大学経済学部卒業。(株)山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。著書は『霊怪スポット 戦慄の最新ファイル』(KAWADE夢文庫)、『恐怖呪い姫~実話狂気怪談』(TO文庫)など多数。TV、ラジオに多数出演。真言宗信徒。メルマガ「山口敏太郎のサイバーアトランティア~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中。 http://foomii.com/00015

 

 

 

 8月号の本欄でもご紹介した第2回UFO召喚実験が7月下旬、千葉県銚子市で行われた。

 この日は風も強く、開始直前に雨が降り出すというあいにくの悪天候であった。そのため、好天に恵まれた昨年は地元の方の参加もあったが、今回は参加を見合わせた人もいたという。

 しかし蓋を開けてみれば、なんと参加者のうち2人がUFOの撮影に成功。さらにはUFOコンタクティの武良信行氏も、不可解な物体の撮影に成功するという驚くべき結果になったのである。

 なお、イベントを気にしていた人は多かったようで、銚子市民の多くが空にカメラを向けて撮影していたという。中には本当に奇妙な物体が撮影できた方もいたそうで、会場となった犬吠埼の「地球の丸く見える丘展望館」には、「UFOが撮れた」との報告が相次いだようだ。UFOは呼びかけに応えてくれたのだろうか。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

火星探査機が捉えたUFO!?

地球にレプタリアンが飛来していた!?

ペルーの遺跡からレプタリアンのミイラ発見!?

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年10月号記事  山口敏太郎  エイリアン  宇宙人  J-ROD  レプタリアン  ミイラ  火星探査機  UFO召喚実験  

Menu

Language