体制崩壊に言及し始めたトランプ政権の真意

 

トランプ米大統領はこのほど、「北朝鮮はこれ以上、アメリカを脅さない方がいい。これまで世界が見たこともないような炎と怒りに直面することになるだろう」と発言し、物議を醸しています。

 

その後、トランプ氏はこの発言について、「厳しさが足りなかったかもしれない(tough enough)」と述べ、「(北朝鮮は)まともに行動すべき」で、そうしないなら「この世でどの国もそれほどの窮地に陥ったことがないような」難しい状況に見舞われると畳み掛けました。

 

これまで外交による問題解決を目指してきたマティス米国防長官も、トランプ氏の「炎と怒り」の発言を受けて、「北朝鮮体制の終わりと国民の破滅につながる行動は一切やめるべきだ」との声明を出しました。さらに、北朝鮮との戦争は「壊滅的なもの(catastrophic)」になるとも述べています。

 

トランプ政権は、これまで「体制の転換は考えない」とし、可能な限り交渉に応じるとする立場をとってきました。ここにきてその態度を強硬なものへと変化させているのはなぜでしょうか。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language