米グーグルが「男女は生来能力が違う」と書いた社員を解雇 男女平等を考えるうえで必要な魂の視点

 

米グーグルのソフトウェアエンジニアが、社内文書で「男女は生まれつき能力が違うのだから、IT技術者や管理職に女性が少ないのは差別ではない」と書いたことが原因で、解雇されるという出来事がありました。

 

執筆者の男性のジェームズ・ダモア氏は同文書で、「男性と女性の能力には違いがある。性別による違いを性差別だと決めつけるのをやめるべきだ」「生物学的に、男性の方が女性よりもプログラムのソースコードを書くコーディングの仕事に適している」と主張しました。

 

グーグルのサンダー・ピチャイCEOは、「ダモア氏の文書は、ジェンダーに関する有害な固定観念を助長させる点で社内行動規範に違反し、一線を超えている」と批判しています。

 

この社内文書の内容やダモア氏の解雇は現在、ソーシャルメディアで大きな話題となっています。ダモア氏の主張を「不快で破壊的だ」と受け止める人も多いと報じられる一方で、保守的な人の中には、「ダモア氏は勇気をもって真実を語った」と評価する声もあるといいます。

 

本欄では、この女性差別発言で解雇された問題を、アメリカに蔓延する「ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)」と、「男女の役割の違い」という2つの視点で考えてみましょう。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language