【「人類の選択」を読み解く】アメリカの北攻撃を邪魔してきた日本と韓国

 

大川隆法・幸福の科学総裁は2日、講演「人類の選択」において、北朝鮮のミサイルに対するアメリカの判断が「人類の未来を分ける」と訴えました。

 

その一方、「今までもアメリカは、北朝鮮のミサイル基地を叩くことを検討してきたが、そのつど機会を逃してきた」という主旨の指摘もしました。

 

何が、アメリカの判断を鈍らせてきたのか。その大きな理由として、「日本や韓国が足を引っ張ったから」ということが言えます。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language