日本最大のタブー「核装備」について考える

 

「核による攻撃を避けるためには、核兵器の保有が必要」というのは、国際社会の常識です。第二次大戦でも、日本が核兵器を保有していれば、原爆を落とされることはなかったと言われています。

 

そして、今の日本にとって重要なテーマが、「日本は核装備すべきか否か」です。

 

というのも、アメリカの「核の傘」への信頼が揺らいでいます。「核の傘」とは、核保有国が持つ核抑止力を、核を持たない国に及ぼすという考え方です。たとえば、中国や北朝鮮が日本に核ミサイルを発射した場合、同盟国であるアメリカが核ミサイルで応戦する約束をしているなら、中国や北朝鮮も、日本に核を撃ち込みにくくなります。

 

ただ、問題は、その中国もアメリカ本土に核ミサイルを撃ち込む能力を持っていること。アメリカ本土に核を何十発も撃ち込まれる危険を冒してまで、アメリカが日本を守るとは考えづらいというのが、実際のところです。

 

アメリカの核の傘は、事実上、機能していないと考えるべきです。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

2017年8月7日 デイリーニュースクリップ一覧


Menu

Language