蓮舫代表、辞任 魂も“二重国籍”だった!?

蓮舫代表、辞任 魂も“二重国籍”だった!?

(画像はWikipediaより)

 

《本記事のポイント》

  • 無視できない「二重国籍」問題の影響
  • 過去の「反日」的な言動と、国籍問題が二重写しになった
  • 蓮舫氏守護霊が語る本心も「親中・反日」

 

民進党の蓮舫代表が27日、記者会見を開き党代表を辞任する意向を表明した。

 

辞任の理由については、「遠心力を生んでしまった」「いったん退いて、より強い『受け』になる。民進党を新たな執行部に率いてもらうことが最大の策だ」として、党の統率力不足を挙げた。先の東京都議選の結果も、一因となったようだ。

 

会見で注目されたのが、自身の二重国籍問題の影響だ。これについて蓮舫氏は、「国籍の問題は判断に入っていない。全く別次元の問題だ」と述べた。

 

しかし、辞任の理由を「遠心力」と言うならば、大きな遠心力を生んだ国籍問題が無関係だったはずはない。むしろ、蓮舫氏の指導力低下が最大の理由だったと言える。

 

 

その政治的姿勢としての「親中」はずっと前から

今回の「二重国籍」がここまで取り沙汰されたのは、蓮舫氏が主張するような「差別意識」のためでもない。蓮舫氏の過去の言動から見て取れる「反日」的な姿勢と、あまりにも重なって見えたためではないか。

 

1992年6月25日付朝日新聞には、蓮舫氏のコメントが載っている。当時、タレントとして活躍していた同氏は、19歳で日本に帰化した時のことについて、「赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった」「父や祖母を通して触れた台湾、アジア。自分の中のアイデンティティーは『日本』とは違うと感じる」と述べていた。

 

また蓮舫氏は、自身を一躍有名にさせた「事業仕分け」において、防衛費を減らすため、自衛隊の制服を中国のような外国製にすればいいとの評決を出し、予算を縮減した。

 

次世代スーパーコンピュータ事業でも、「2位じゃダメなんですか」という有名な"迷言"をはいて、予算を縮減。日本は、2011年にスパコンの計算速度で世界一になるも、翌年、中国にその座を奪われた。

 

こうした反日的に映る姿勢と、「二重国籍」問題が重なって、不信感を募らせた面が大きいだろう。

 

 

蓮舫氏は魂も"二重国籍"!?

こうした反日疑惑の強い蓮舫氏が、民進党代表に就任した時、大川隆法・幸福の科学総裁は、同氏の守護霊を呼び、本心を語らせている。

 

その内容は、以下のように驚くほど「親中・反日」的だった。

 

ほんの五年で、アメリカとの関係は引っ繰り返りますから。簡単に引っ繰り返りますので。『中国の時代』がいよいよ来たんですよ。それにみんな従うのが流れです

 

やっぱり、『大中華帝国』を築かなければ。パキスタンとインドを吸収したら、これでおそらく二十五億から三十億人ぐらいの国家ができるから、これ、世界人口の半分近い大国家ですよ。すっごい『大帝国』ができますよ。このなかの"東京支部"として活躍できるっていうことは、やっぱり、うれしいじゃないですか

 

「(日本神道への信仰、皇室について)日本の神様は、先の大戦のときに、いちおう一掃されなければいけなかったのを……

 

詳細は、本霊言が収録されている『蓮舫の守護霊霊言 "民進党イメージ・キャラクター"の正体』(大川隆法著・幸福の科学出版)をご覧いただきたい。

 

有権者が急激な民進党離れを起こしたのは、「二重国籍」問題を通して、蓮舫氏の「反日的な本能」に気付いた面が大きかっただろう。

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『蓮舫の守護霊霊言 "民進党イメージ・キャラクター"の正体』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1734

 

【関連記事】

2017年7月3日付本欄 小池知事の圧勝で安倍1強と民進党の終わりが近づく

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13214

タグ: 蓮舫  二重国籍  辞任  民進党  反日  守護霊  霊言  帰化  

Menu

Language