北朝鮮が「ICBМ発射に成功」 金正恩を止める残された方法 - ニュースのミカタ 1

北朝鮮が「ICBМ発射に成功」 金正恩を止める残された方法 - ニュースのミカタ 1

金正恩氏を止めるには、日米が「行動」しなければいけない。写真は、5月の弾道ミサイル発射時のビデオ映像。提供:KRT/AP/アフロ

 

2017年9月号記事

 

ニュースのミカタ 1

国際

 

北朝鮮が「ICBМ発射に成功」

金正恩を止める残された方法

 

 日本とアメリカに、深刻な危機が迫っています―。

 北朝鮮は、アメリカの独立記念日である7月4日に合わせて、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に成功したと発表。日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)に落ちましたが、同水域内への落下は5回目です。

 今回は「ロフテッド軌道」と呼ばれる高く打ち上げる軌道でした。通常の角度で打ち上げれば6000キロメートル前後は飛んで、米アラスカ州に届くとみられます。

 また、北朝鮮は今後2~3年以内に、核弾頭を載せたICBMでアメリカ本土を攻撃できる能力を持つといいます。

 金正恩・朝鮮労働党委員長は「アメリカは非常に不愉快だろう。今後も大小の贈り物を頻繁に送り届けてやろう」と挑発しています。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年9月号記事  ニュースのミカタ  金正恩  ICBМ  ミサイル  EEZ  アメリカ  国連  制裁  G20  虐殺  同盟  

Menu

Language