公取委が芸能事務所を調査 日本は「タレント人権後進国」!? - ニュースのミカタ 4

公取委が芸能事務所を調査 日本は「タレント人権後進国」!? - ニュースのミカタ 4

芸能事務所は、タレント出演の拒否をちらつかせることで、テレビ局などに圧力をかけることができる。写真:J6HQL / PIXTA(ピクスタ)

 

2017年9月号記事

 

ニュースのミカタ 4

芸能

 

公取委が芸能事務所を調査

日本は「タレント人権後進国」!?

 

 公正取引委員会は、大手芸能事務所が「移籍・独立をしようとした所属タレントを"干す"」行為をしていないか、調査を進めています。NHKや朝日新聞、日経新聞の一面などで報じられ、話題になっています。

 昨今、SMAPやのん(能年玲奈)さん、千眼美子(清水富美加)さん、ローラさんなど、タレントと事務所との間のトラブルが相次いでいることを受けた動きです。

 

続きは2ページ目以降へ

 

幸福実現党
次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年9月号記事  ニュースのミカタ  芸能事務所  テレビ局  圧力  公正取引委員会  移籍  人権侵害  芸能界  

Menu

Language