先の大戦をフェアに評価する

先の大戦をフェアに評価する

写真:okinawa_photography/PIXTA(ピクスタ)

 

2017年9月号記事

 

個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。

 

先の大戦をフェアに評価する

大川隆法 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ No.247

2009年6月9日 神奈川県・横須賀支部

 

 

[問]1950年代の朝鮮戦争で、マッカーサー米司令官が「平壌に原爆を落とすべき」と進言して更迭されました。もし平壌に原爆を落とされていたら、南側が勝利し、ソ連が勢力を拡大することもなかったのでしょうか。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年9月号記事  羅針盤  朝鮮戦争  原爆  マッカーサー  38度線  トルーマン  軍隊  アメリカ  戦争  植民地  

Menu

Language