【インタビュー】守りたいけど - 国民を守れない自衛隊トリビア20 Part.2

【インタビュー】守りたいけど - 国民を守れない自衛隊トリビア20 Part.2

 

2017年9月号記事

 

自衛隊トリビアを見て、不安を覚えた方もいるだろうが、それが現実だ。

では、日米の元軍人2人は、自衛隊の現状をどう思っているのだろうか。

 


contents

【インタビュー】守りたいけど - 国民を守れない自衛隊トリビア20 Part.2

【インタビュー】守りたいけど - 国民を守れない自衛隊トリビア20 Part.2


 

Interview

 

自衛隊は戦うロボットじゃない

 

元陸自西部方面総監

用田和仁

(もちだ・かずひと)

1952年、福岡県生まれ。防衛大学校を卒業後、陸上幕僚監部教育訓練部長、統合幕僚監部運用部長、第7師団長などを歴任。元陸将。現在、日本安全保障戦略研究所上席研究員。共著に、『日本と中国、もし戦わば』 (SBクリエイティブ)がある。

 まず申し上げたいのは、貴誌7月号の書評で著書を紹介してくださり、ありがとうございます。

 最近、中国を訪問しましたが、中国は紛れもなくアメリカを排除し、アジアの覇権をとるつもりです。

 北朝鮮についても議論しましたが、日本では、アメリカがいつ攻撃するか、中国はどうするかの話ばかり。日本の防衛力は十分なのかが話題にならないのが不思議で仕方ありません。

 アメリカは北朝鮮への武力行使のレッドライン(超えてはならない一線)を、核実験と大陸間弾道ミサイル完成の2点に置いていると考えられます。

 ですが、すでに北朝鮮は、たくさんのミサイルを日本に撃ち込めます。つまり日本の場合、レッドラインはとっくに越え、「存立危機事態」に直面しているのです。

 にもかかわらず、国会ではそうした危機感がゼロに等しい。トランプ大統領に言われなくても、今緊急で防衛費を倍増し、国防を強化しなければ間に合わなくなります。

 

次ページからのポイント

自衛隊の致命的な欠陥

【インタビュー】日本の弱点は自衛隊ではなく、政治だ / 元アメリカ陸軍大尉 飯柴智亮氏

自衛隊の「働き方改革」

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年9月号記事  自衛隊  国防  トリビア  憲法9条  国防費  用田和仁  飯柴智亮  著名知識人  政治  働き方改革  

Menu

Language