香港に移住して自由の価値を知った中国人たち 「香港の中国化」と「中国の香港化」の戦い

 

2017年7月1日、香港はイギリスから中国に返還されてから20年目を迎えます。香港は中国政府に「50年間の高度な自治」を認められ、これまで、アジアの国際金融センターとして繁栄してきました。

 

習近平国家主席は1日に行われる香港返還20周年記念式典に出席するために香港を訪れ、「『一国二制度』の未来を確かなものにするために取り組む」と述べましたが、中国政府による政治的な締め付けは強まる一方。香港がこれまで築いてきた自由主義・民主主義的な価値観が、「香港の中国化」によって押し流されてしまうのではないか、という懸念が強まっています。

 

そんな中、6月29日付米ウォール・ストリート・ジャーナルには、「さよなら北京、香港の自由を楽しむ本土出身者」と題された記事が掲載されています。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language