アメリカでも日本でも悪者扱い - 誤報だらけのトランプ報道 Part.1

アメリカでも日本でも悪者扱い - 誤報だらけのトランプ報道 Part.1

写真:AP/アフロ

 

2017年8月号記事

 

アメリカでも日本でも悪者扱い

誤報だらけのトランプ報道

 

トランプ政権が「ロシア疑惑」で揺れている。弾劾される可能性も報じられているが、疑惑の真相を探っていくと、思わぬ黒幕がいた。マスコミが報じない真実に迫る。

(編集部 山下格史、長華子、山本慧、片岡眞有子)

 


contents


 

「恥さらし」「自己愛性パーソナリティ(人格)障害」「最高破壊責任者」「愚か」―。

 匿名の書き込みレベルの誹謗中傷の数々。だがこれらの言葉を使っているのは、アメリカのマスコミだ。一体、誰に? そう、アメリカ大統領に対してだ。

 

 

ハーバード大学も苦言

「トランプ報道を見れば、悪口に当たる」と言っていいほど、アメリカのマスコミは執拗に批判している。それは数字にも表れている。

 ハーバード大学の調査によると、トランプ政権発足後の100日間で、主要マスコミ報道の8割が、トランプ氏をネガティブに取り上げ、ポジティブなものは2割にすぎなかったという(次ページ図)

 報告書は最後にこう断じる。

「ジャーナリストは、自身を政府に対抗する存在と見ることを控える必要がある。マスコミが報じるべきは、政府とマスコミの競争ではなく、共和党と民主党の競争だ。それが民主主義の根幹である」

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

トランプ支持者を狙い撃ち?

「地球上で最も不誠実な輩」

トランプ氏のネガティブ報道は8割に達する

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年8月号記事  トランプ大統領  報道  ロシア疑惑  ネガティブ報道  誤報  フェイクニュース  

Menu

Language