神奈川から始まる 一生暮らしたい街のつくり方 「生涯現役」「地域交通」革命

神奈川から始まる 一生暮らしたい街のつくり方 「生涯現役」「地域交通」革命

Hamdan / PIXTA(ピクスタ)

 

2017年8月号記事

 

神奈川から始まる
一生暮らしたい街のつくり方

「生涯現役」「地域交通」革命

 

 

高齢化や不況といった日本の課題解決には、新しい都市のビジョンが必要だ。
そんな街のつくり方を、神奈川をモデルに考えた。

(編集部 小林真由美)

 

 神奈川県には、どこか開放的なイメージがある。

 幕末期に日本の玄関口として栄えた横浜は、外国の文化や技術などをいち早く採り入れて発展した。そんな歴史的経緯もあり、神奈川県民は新しいものを柔軟に採り入れる気質がある。

 加えて神奈川には、発展につながる豊富な資源がある。

 東京のベッドタウンとして発展したため、人口は東京に次いで2番目に多い。横浜や川崎などに代表される京浜工業地帯には、自動車などの重工業の工場が立ち並ぶ。さらに、横浜、川崎、横須賀の3つの港湾があり、横浜のコンテナ取扱量は東京に次ぐ第2位だ。

 一方で、海や山などの大自然も豊かだ。湘南や三浦海岸は観光やレジャーで人気を集め、漁業や養殖も盛ん。内陸部では多様な農作物も採れる他、鎌倉や箱根など数々の名所もある。

 新しいものを取り入れる気質と、豊かな資源。

 長びく不況や高齢化で、明るい未来ビジョンが描きにくくなっている今の日本で、新しい都市モデルをつくるのに、これほど適した県はないだろう。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

「生涯現役」の先駆者たち

 交通革命でもっと発展できる

 経済評論家 増田悦佐氏インタビュー

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年8月号記事  神奈川  生涯現役  モデル県  交通革命  起業  高齢者  鉄道  シニア  通勤ラッシュ  空港  

Menu

Language