リッツ・カールトン流おもてなし講座 Vol.11 - どうすれば、人を動かせるリーダーになれるの?

リッツ・カールトン流おもてなし講座 Vol.11 - どうすれば、人を動かせるリーダーになれるの?

 

2017年8月号記事

 

仕事の成果が出る!

リッツ・カールトン流おもてなし講座 Vol.11

 

世界最高峰のおもてなしで多くの人を感動させる「ザ・リッツ・カールトン・ホテル」の元日本支社長の高野登氏に、仕事の悩みを解決するヒントを聞きます。

 

Happy Cafe 店長

マミ (37歳)

元気で明るい。何でも前向きにトライ。たまに、おっちょこちょいなところも。

 

今月のマミ店長の悩み

どうすれば、人を動かせるリーダーになれるの?

 

 

「上、三年にして下を知り 下、三日にして上を知る」という言葉があります。上司は部下一人ひとりの資質や可能性を知るのに何年もかかりますが、部下が上司の良し悪しを見抜くのは一瞬だという意味です。

 部下は上司の何を見ているのでしょうか。それは、上司が発する「言葉」と実際の「行動」です。例えば、上司が常々「我々のサービスはお客様第一だ」と言っていても、毎回の会議では、「先月の売上はどうだった」と開口一番に聞いてくる。本音が「売上第一」であることを見せつけられると、上司がどんなに良いことを言っても、部下の心には届かなくなります。

 だから、上司が努力すべきは「言行一致」、言っていることとやっていることを一致させることです。

 世の中の多くの上司は、部下を数字で「コントロール」しようとします。しかし、上司の本来の仕事は、部下個人の資質を活かす「マネジメント」です。

「何のために働くのか」「社会にどう貢献すべきか」など、仕事の目的を言葉で示し続けるとともに、実際の行動で示すことが部下との信頼関係につながります。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

リーダーに必要な勇気とは?

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年8月号記事  リッツ・カールトン  おもてなし講座  高野登  知識著名人  コントロール  マネジメント  

Menu

Language