「科学で日本を発展させたい」 理化学研究所で次々と発明を事業化させた男 大河内正敏【愛国心が富を呼ぶ(4)】

 

今年、創立100周年を迎える理化学研究所。これまでに様々な研究や研究者を世に送り出し、日本の繁栄を支えてきました。

 

「富国強兵」を掲げて、欧米の技術を日本に取り入れようとした明治時代。しかし、日本独自の研究開発や基礎科学の進歩は大きく遅れたままでした。

 

「日本固有の、少なくとも東洋固有の材料もしくは事業を研究しなければ、日本の産物を世界に広く売り広めて、富を得ることはおぼつかない」

 

欧米に渡航し、海外の研究事情を見てきた研究者たちからこのような声が上がり、「国民科学研究所」をつくることが提唱されました。優秀な学者の指導のもと、産業の芽となる基礎研究を行うという構想です。そして1917年、この構想が「財団法人理化学研究所」として結実します。

 

その理研が最も発展したのは、大正から昭和にかけて、研究成果が次々と富を生み出していた時期のことでした。その秘密は、研究者たちの「発明」を富の源泉と考える発想と、リーダーの経営手腕にあったのです。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language