FBI長官の電撃解任 トランプ大統領と反ロシア派との戦い - ニュースのミカタ 1

FBI長官の電撃解任 トランプ大統領と反ロシア派との戦い - ニュースのミカタ 1

5月中旬、ロシアのラブロフ外相(左)と会談したトランプ大統領。提供:Russia Foreign Minister Press Ofice/Abaca/アフロ

 

2017年7月号記事

 

ニュースのミカタ 1

国際

 

FBI長官の電撃解任

トランプ大統領と反ロシア派との戦い

 

 ロシアとの関係をめぐり、トランプ米政権に逆風が吹いています。ドナルド・トランプ大統領は5月中旬、連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官(当時)を電撃解任しました。

 FBIは、大統領選でのトランプ陣営とロシアのつながりについて調査していました。そのためメディアは「捜査を妨害するための解任だ」と批判を強めています。

 ただ、トランプ陣営が違法行為をした証拠はありません。この問題の本質を見極めるためには、一段大きな視点が必要です。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年7月号  ニュースのミカタ  トランプ  指揮権  北朝鮮  反ロシア  FBI  解任  ミサイル  更迭  

Menu

Language