「核」着弾まで3分。その時、何をする? 北ミサイルから家族を守る 生存率を上げる33の行動 Part.1

「核」着弾まで3分。その時、何をする? 北ミサイルから家族を守る 生存率を上げる33の行動 Part.1

 

2017年7月号記事

 

保存版

 

「核」着弾まで3分。その時、何をする?

北ミサイルから家族を守る

生存率を上げる33の行動

 

「火遊びだ」と思っていた北朝鮮のミサイルの脅威が、ついに日本を脅せる時代に入った。

日本は国防を強化すべきだが、一方で、最悪の事態への備えも考えなければならない。

日本が火の海にならないようにするには。

(編集部 大塚紘子、山本慧、小林真由美)

 


contents

「核」着弾まで3分。その時、何をする? 北ミサイルから家族を守る 生存率を上げる33の行動 Part.1

「核」着弾まで3分。その時、何をする? 北ミサイルから家族を守る 生存率を上げる33の行動 Part.1


 

「強大な威力を持つ大型核弾頭の搭載が可能になる」

 北朝鮮の朝鮮中央通信は、5月中旬に行った新型弾道ミサイル「火星12」の試射に成功したと報じた。射程は、アメリカ・グアムを標的にできる5000キロ。日増しに技術が向上している。

 アメリカの軍事専門家は「北朝鮮には、36発同時に発射できる能力がある」と分析しており、同国の脅威を一笑に付すことはもはやできない。多数のミサイルが同時に発射されれば、自衛隊の迎撃体制は突破され、日本領土に着弾してしまう。

 日本への到達時間は約10分。どこに落ちるかが分かるまで5分程度かかり、そこから警報が鳴るとなると、国民が避難できる時間はわずか3分しかない。

 もし、日本に核ミサイルが撃ち込まれればどうなるのか。個人はどうやって命を守るべきか。そして政府は、自治体は、どう対応すべきか。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

もし日本が核攻撃を受けたら?

インタビュー 正しい知識と初期動作が生死を分ける 高田純 札幌医科大学教授

衝撃波から身を守る

火災・放射線から身を守る

化学兵器から身を守る

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年7月号記事  核弾頭  北朝鮮  自衛隊  迎撃  核ミサイル  化学兵器  高田純  札幌医科大学  テロ  Jアラート  

Menu

Language