公安警察が主役のドラマ 共謀罪成立への布石か? - ニュースのミカタ 3

公安警察が主役のドラマ 共謀罪成立への布石か? - ニュースのミカタ 3

写真:hanawi / PIXTA(ピクスタ)

 

2017年6月号記事

 

ニュースのミカタ 3

政治

 

公安警察が主役のドラマ

共謀罪成立への布石か?

 

 犯罪を計画、準備段階で処罰する「テロ等準備罪」を盛り込んだ「組織的犯罪処罰法」改正案(いわゆる「共謀罪」法案)が、今国会での成立を目指し、審議入りしました。

 

不自然な設定のドラマ

 そんな中、警視庁公安警察が組織犯罪を捜査するテレビドラマ「CRISIS(クライシス)」が始まりました。これは、共謀罪賛成の世論を盛り上げるためのマスコミ誘導にも見えます。

 しかも初回は、大学の認可を取り消されたカルト教団が、文部科学相を狙って新幹線を爆破しようとする設定でした。客観的に見れば、大学申請を不認可とされた幸福の科学を想起させます。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年6月号記事  ニュースのミカタ  共謀罪  公安  クライシス  カルト  信教の自由  オウム  宗教弾圧  警視庁  

Menu

Language