内憂外患の韓国は「日清戦争前夜」? 半島有事を真剣に考える

 

韓国で大統領が辞めさせられ、北朝鮮は相変わらずミサイルを撃ち続けています。5月に韓国で大統領選が行われますが、北朝鮮寄りの人物が当選すると見られています。

 

テレビやネットの報道を眺めて、「朝鮮半島はずいぶんひどい状況だなぁ」と感じている方も多いのではないでしょうか。

 

でも、冷静に考えると、朝鮮半島と日本列島は目と鼻の先です。1950年の朝鮮戦争では、北朝鮮軍が韓国軍を第二の都市・釜山まで追い詰めて包囲しましたが、その釜山と福岡県の距離はたった200キロメートルの近さです。

 

この距離は、東京と福島県の郡山、大阪と広島県の福山、福岡と鹿児島ぐらい。いずれも新幹線で1時間半程度。朝鮮半島の混乱は、日本人にとって「対岸の火事」ではありません。

 

元自衛隊幹部は、こう指摘します。「今の朝鮮半島の混乱は、日清戦争前夜と似ている」――。

 

そこで本欄では、歴史的な観点を踏まえ、朝鮮半島と日本の関係について考えてみます。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language