「ヒトラーの再来」はどこにいる? ドイツは“ヒトラーの呪縛”から解放されるべき

 

アメリカのトランプ大統領やロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席、北朝鮮の金正恩委員長、そして安倍晋三首相……。近年、大きな意思決定を行った一国のリーダーに対して、「ヒトラー」になぞらえて報じることが増えています。

 

一方、ドイツは、ヒトラー政権によるユダヤ人迫害について、70年以上経った現在でも、世界中の非難の対象となっています。そうした影響もあり、ドイツは欧州連合(EU)を力強く率いていくことができないでいます。

 

大川隆法・幸福の科学総裁は2014年3月、「第二のヒトラーは出現するか」をテーマに、ドイツの哲学者ハイデガー(1889~1976年)の霊言を行いました。ハイデガーは生前、ヒトラー政権の誕生後にドイツのフライブルク大学総長に就任したため、「ナチスに協力した」と非難されていました。

 

ドイツのメルケル首相は今月17日、米ワシントンでトランプ大統領と初の首脳会談を行う予定です。ドイツの未来を考えるためにも、本記事ではハイデガーの霊言に基づいて、ヒトラー政権について、改めて振り返ってみましょう。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

幸福実現党
次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language