「天下り」と「大学認可」の深すぎる関係 - 文科省再就職口利き問題

「天下り」と「大学認可」の深すぎる関係 - 文科省再就職口利き問題

天下りあっせん問題で頭を下げる松野博一文科相 写真:時事

 

2017年4月号記事

 

文科省再就職口利き問題

「天下り」と「大学認可」の深すぎる関係

 

違法な天下りあっせんで、教育行政にかかわる文部科学省の信頼が地に堕ちている。

なぜ天下りが起こるのか。

(編集部 小川佳世子)

 

 

 文部科学省を退職した元幹部が、筑波大学や慶応大学などに違法な天下りを行っていた問題が、連日報道された。

 この問題の発端は、吉田大輔元高等教育局長の早稲田大学への再就職に、文科省の幹部が関わっていたと明らかにされたこと。国家公務員法は、在職中に利害関係がある団体への就職活動を禁じている。再就職に違法性があるとされた吉田氏は大学に辞表を提出。問題に関与した前川喜平事務次官も辞任に追い込まれた。

 あっせんに関わっていた文科省人事課OBの嶋貫和男氏は国会で追及された。OBが再就職の手伝いをすることは、必ずしも違法ではないが、嶋貫氏は文科省から人材情報を提供され、就職先などを報告していたという。OBという「抜け穴」を使っただけで、実際は組織的に退職者の天下りをバックアップしていたわけだ。

 

リュウタ / PIXTA(ピクスタ)

 

Mugimaki / PIXTA(ピクスタ)

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

OB再就職→大学院大学認可

元文部官僚再就職と大学・学部設置の時期

許認可行政はやめるべき

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年4月号記事  

Menu

Language