映画「沈黙―サイレンス―」の問いに答える - 神は「沈黙」していない

映画「沈黙―サイレンス―」の問いに答える - 神は「沈黙」していない

 

2017年4月号記事

 

Inspired by "The Laws of Mission"

 

映画「沈黙―サイレンス―」の問いに答える

神は「沈黙」していない

 

宗教に対する問題提起とも言える映画「沈黙―サイレンス―」。

その疑問に対する答えは、大川隆法・幸福の科学総裁の著書『伝道の法』に示されている。

 

 

映画「沈黙―サイレンス―」は1月21日から日本で全国公開された。画像は公式Facebookより。

「神」は存在するのか。「信仰」とは何なのか―。

 現代人にそんな疑問を投げかける映画「沈黙―サイレンス―」が1月下旬、公開された。原作は遠藤周作の小説『沈黙』で、江戸初期のキリシタン弾圧を描いている。

 残忍な処刑や拷問に苦しむ信徒。その様子を目の当たりにして苦悩し、葛藤するポルトガル人宣教師。神がいらっしゃるなら、なぜこの苦しみを放置されるのか。祈りにお答えにならないのか。

 こうした重いテーマが、豪華俳優陣の迫真の演技と壮大な映像で描き出される。

 命がけで信仰を守る人々の姿は、それほどまでに大切な「信仰」とは何かを考えるきっかけを与える面もあるかもしれない。しかし、本作で描かれているのは、信徒と神父がひたすら苦しみ、殺されていく姿。「信仰は人を不幸にする」という印象だけが残る人も多いのではないか。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年4月号記事  沈黙  サイレンス  遠藤周作  スコセッシ監督  守護霊  キリスト教  伝道の法  

Menu

Language