トランプの減税は成功するか?(後編) 規制は企業の大きな負担

 

前編では、製造業をアメリカに取り戻し、雇用を創出するためには、大型減税を行う必要があることを述べました。しかし大型減税には課題も多くあります。とりわけ問題とされるのが財源です。トランプ米大統領は、経済成長による税収増を見込んでいますが、減税による政府の債務は20兆ドル(2270兆円)近く増えると言われています。

 

一方で、トランプ氏が打ち出す経済政策のもう一つの大きな柱である規制緩和にも、経済効果が期待されています。これも視野に入れて予測すべきでしょう。

 

後編では、この規制緩和について考えていきます。

 

 

規制による企業への負荷は毎年2兆ドル!

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language