あのメディアは保守? リベラル? アメリカ・メディアの報道姿勢

 

安倍晋三首相とトランプ米大統領の首脳会談が行われ、そのニュースは多くのメディアで大きく取り上げられました。

 

大統領就任以来、トランプ氏の言動は日本のメディアでも連日報じられていますが、「アメリカの情報はアメリカのメディアから得たい」と考える方もいるはずです。

 

ですが、日本のメディアに「産経、読売新聞は保守」「日経新聞は中立的」「朝日、毎日新聞はリベラル」というざっくりした思想的な分類ができるように、アメリカのメディアにも偏りがあります。

 

メディアの"思想の色"に染まらないためにも、報道傾向を知っておくことは重要です。そこで本記事では、中心的なアメリカのメディアの報道姿勢について解説します。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language