あなたを「時間貧乏」から救う 「凡事徹底」の働き方改革 【前編】

あなたを「時間貧乏」から救う 「凡事徹底」の働き方改革  【前編】

 

2017年3月号記事

 

あなたを「時間貧乏」から救う

「凡事徹底」の働き方改革 【前編】

 

「働き方」を見直す動きが広がっているが、「頑張っているのに、成果が出ない」と悩む管理職は多いはず。その解決策を、「凡事徹底」という切り口で考えてみよう。

(編集部 小林真由美)

 

 

「あぁ、今日も終電か……」

 40代の男性ビジネスマンXさんはオフィスの時計を見て、ため息を漏らした。

 今の会社で働き始めたのは、10年以上前。管理職になって楽ができるのかと思いきや、切れ者上司から矢継ぎ早に出される指示に翻弄されながら、同時に経験の浅い部下を指導する毎日。

 目の前の仕事をこなすのに精いっぱいで、常に時間に追われ、心に余裕を持てずにいる。

「私がこけたら、全体がこけてしまう」と責任感を持って、誰よりも長時間働いているつもりだが、上司に褒められるどころか、つまらないミスを連発し、叱られることもしばしば。今晩も、「明日までにプレゼン資料をつくり直すように!」と無茶な要求を突き付けられた。

「俺はあんな風にはなりたくない」という目をして、気まずそうに帰る部下たちの視線が痛い。職場の人間関係もぎくしゃくして、ストレスは溜まる一方だ。

 深夜に帰宅すると、妻と5歳の長男はいつも眠りの中。

 休日は、溜まった疲れから昼過ぎまで寝ているか、溜まった仕事を自宅で片づけているか。最後に家族で出かけたのはいつだったか―。

 休日が明けても、相変わらず出社はギリギリの時間。カフェインの効いたコーヒーで気合いを入れるが、効果が続くのは10分程度。ボーっとした頭のまま、今日も上司から大量の仕事が降ってくる……。

 

◆ ◆ ◆

 

「働き方」が問い直されている昨今、Xさんのように「時間貧乏」に悩むビジネスマンは多いだろう。どこから手を付ければ、仕事や生活のサイクル、職場の人間関係を改善できるのか。

 

 次ページのチェックリストを念頭に、2人の専門家に改善策を聞いてみよう。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

あなたの働き方チェック

行動面からの凡事徹底

マインド面からの凡事徹底

仕事能力を上げる極意が書かれた一冊

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年3月号記事  凡事徹底  働き方  石田淳  ウィルPMインターナショナル  高野 登  人とホスピタリティ研究所  

Menu

Language