昼下がりの東京・広尾にUFOが出現

昼間に現れたUFO。

 

今月25日の12時過ぎ、東京都内の広尾にUFOが出現した。目撃者によれば、最初は5~6機のUFOが現れていたが、出たり消えたりしながら次第に2機になったという。2機は伸びたり縮んだりと形を変えたり、分裂するなどしていたという。

 

 (1)最初は点のように見えていたUFO。

 

 (2)横長に形を変えた状態。

 

 (3)変化を続ける様子。

 

 (4)再び丸く変形した様子。

 

白昼堂々と現れているということを考えても、飛行機や惑星、恒星と見間違えたとは考えにくい。

 

「UFO」など超常現象に対しては、一律に懐疑的な態度を取りやすい日本だが、実際に上空では、こうした現象が起きているのが現実である。素直に目を開くべき時が来ているのかもしれない。

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『ザ・コンタクト すでに始まっている「宇宙時代」の新常識』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1531

 

【関連記事】

2016年12月11日付本欄 大川隆法・幸福の科学総裁の大講演会でUFOが出現!

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12310

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language