見えてきたトランプの大戦略 - TPPアメリカ離脱で日本はどうする?

見えてきたトランプの大戦略 - TPPアメリカ離脱で日本はどうする?

トランプ氏の意向を受け、米空調大手企業が海外への工場移転を取りやめた。写真:The New York Times/アフロ

 

2017年2月号記事

 

TPPアメリカ離脱で日本はどうする?

見えてきたトランプの大戦略

 

ドナルド・トランプ氏は、1月の大統領就任後、TPPを離脱宣言すると予告している。

中国の軍拡を止める経済的な包囲網がつくれなくなる日本はどうすべきか。

(編集部 山下格史 山本泉)

 

 

 2017年1月20日、アメリカでドナルド・トランプ新政権が発足する。

 トランプ氏は大統領選で当選した後、就任初日に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の離脱を通告する、と予告。関係国を慌てさせている。

 一方日本では、16年12月の臨時国会で、TPPの承認案・関連法案が成立。安倍晋三首相は「TPPの持つ戦略的、経済的な意義を世界に発信していくことは大いに意味がある」と語った。

 確かに、TPPには「中国包囲網」という安全保障としての役割があった。中国は、アジアインフラ投資銀行(AIIB)などを通して、経済力を軍事力に変える戦略を描く。TPPは、この中国を外して、環太平洋地域の国々で関税をなくし、活発な貿易を目指すものだ。

 ここに来て、日米の考えに溝が生まれている。今後日本はどうすべきか。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

「戦わずして勝つ兵糧攻め」

関税自主権という武器

TPPに代わる対中戦略

日米の繁栄が中国を止める

アメリカの経済・軍事は復活する / 鈴木真実哉氏

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年2月号記事  TPP  トランプ  関税  関税自主権  中国  不公正  為替操作国  日本  繁栄  鈴木真実哉  著名知識人  

Menu

Language