プーチンの過去世 Part2 - 新・過去世物語 人は生まれ変わる

プーチンの過去世 Part2 - 新・過去世物語 人は生まれ変わる

イラスト:菊池としを

 

2017年1月号記事

 

新・過去世物語 人は生まれ変わる

 

プーチンの過去世 Part2

 

ウラジーミル・プーチン

プロフィール

(Vladimir Putin)1952年~。レニングラード(現サンクトペテルブルク)生まれ。大学卒業後、ソ連の諜報機関KGBに就職。レニングラード市副市長などを経て大統領府に登用される。2000年に選挙を経て大統領となる。

人は、何度も生まれ変わりながら、魂を磨き、人格を向上させていく永遠の存在。その生まれ変わりの過程は、一人ひとりの個性によって彩られた物語となる。
幸福の科学の霊査で明らかになった著名人の「過去世」をひもとけば、時を超えて輝く魂の性質が見えてくる。

 

 

今年5月にロシア連邦ソチで会談したプーチン大統領と安倍晋三首相。写真:Kremlin/Sputnik/ロイター/アフロ

「それは、『引き分け』のようなものだ」

 2012年に大統領に再選されたプーチン(当時は首相)は、日露の北方領土交渉の落とし所について、柔道のたとえを使ってこう発言し、双方が受け入れ可能な解決策を探る考えを示した。その約1年前にメドベージェフ大統領は北方領土を訪問して反日PRを行ったが、プーチンは対日外交の転換を表明したのだ。

 ロシア連邦大統領、ウラジーミル・プーチン。彼は世界各国の首脳の中でも、際立って親日的な人物である。

 2014年、フランスで欧米の首脳が一堂に会したノルマンディー上陸作戦70周年記念式典で、広島の原爆投下の映像が流れると会場から拍手が起きた。第二次世界大戦の戦勝国にとっては勝利の象徴だからだ。しかしその瞬間、プーチンは素早く姿勢を正して胸に十字を切った。人類初の惨劇に哀悼の意を表したのだった。

 彼がソ連の情報組織KGBに勤めていたころの同僚は、その仕事ぶりをこう賞賛する。

「プーチンは本当に男らしかった」「サムライだった」(注1)

 プーチンの魂の中には、どんな「サムライ」が眠っているのだろうか。

(注1)朝日新聞国際報道部ほか著『プーチンの実像』

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年1月号記事  過去世物語  人は生まれ変わる  ロシア  プーチン  Part2  徳川吉宗  暴れん坊将軍  

大川隆法 大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・幕張メッセへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 12月5日(火) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language