トランプの国防政策は"最強レベル" 単なる孤立主義ではない一面も

 

アメリカの次期新大統領に選ばれたドナルド・トランプ氏。各メディアは、同氏の外交方針を「孤立主義」と評し、世界に力の空白が生まれ、国際秩序は乱れかねないという"トランプ・リスク"を報じている。

 

孤立主義とは、簡単に言えば、他国に介入しないという外交方針を指す。その方針には、「軍縮」の可能性も含まれているため、トランプ氏の登場により、アメリカは「世界の警察官」としての役割から後退するという印象が広まっている。

 

ではトランプ氏は、具体的にどのような国防政策を掲げているのだろうか。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language