今アメリカに必要なのは「建国の原点」に戻ること

今アメリカに必要なのは「建国の原点」に戻ること

 

2016年12月号記事

 

アメリカ大統領選

 

日本の味方はトランプだった!

2017年、世界は戦国時代?

 


contents

【アメリカ大統領選】日本の味方はトランプだった! 2017年、世界は戦国時代?

今アメリカに必要なのは「建国の原点」に戻ること

2017年世界はどうなる? 次期アメリカ大統領の外交政策


 

INTERVIEW

 

今アメリカに必要なのは「建国の原点」に戻ること

 

トランプ氏とヒラリー氏、どちらがアメリカを再建できるのか。

アメリカ情勢に詳しい国際政治学者に話を聞いた。

 

 

ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ代表

藤井厳喜

(ふじい・げんき)1952年、東京都生まれ。国際政治学者。早稲田大学政経学部政治学科卒。クレアモント大学大学院政治学部(修士)を経て、ハーバード大学政治学部大学院助手、同大学国際問題研究所研究員。著書に『日米戦争を起こしたのは誰か』(勉誠出版)『「国家」の逆襲』(祥伝社)など多数。

藤井氏の最新刊

『最強兵器としての地政学』

ハート出版

――トランプ氏の外交姿勢である「アメリカ・ファースト」とはどういう考え方ですか?

藤井氏(以下、藤) いわゆる「孤立主義」じゃないんですよね。トランプは、強い軍事力こそ外交のすべての基本と言っているので、世界一強い国としてのアメリカは維持していく。

 アメリカの安全を脅かす勢力は敵なので、「『イスラム国』は地上軍を送ってでも潰す」という発言もあるように、徹底的に戦う。しかし、イラクやアフガン、リビアで行ったように、その国の政府を一度壊して再建することはやりすぎだし、アメリカの国力を超えていると考えている。アメリカの安全を守るために、選択的に国際政治に関わっていくことが、「アメリカ・ファースト」です。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

日米同盟は限界に来ている

インタビュー / ジョージ・デイビッド・バンクス氏

トランプの外交政策は日本をより安全にする

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年12月号記事  ドナルド・トランプ  ヒラリー  アメリカ  日本  神の意志  自由の大国  ワシントン  アメリカ大統領選  藤井厳喜  ジョージ・デイビッド・バンクス  著名知識人  

Menu

Language