国際競争力ランキングで日本後退 技術革新力を上げる「宇宙開発」という選択

国際競争力ランキングで日本後退 技術革新力を上げる「宇宙開発」という選択

 

日本の技術力を飛躍させる力とは何かが問われている。

 

世界経済フォーラム(WEF)が発表した「世界国際競争力ランキング」で日本は138カ国中8位で、昨年の6位から順位を落とした。このほど日本経済新聞が報じた。

 

「世界国際競争力ランキング」は、「労働市場の効率」「市場規模」「技術革新」「制度」などといった12の分野で評価される。日本が昨年に比べて順位を落とした要因としては、「技術革新」、投資家保護や企業倫理を含む「制度」といった項目での後退が挙げられた。

 

特に、「技術革新」の分野が8位と後退。日本は2007年から5位を下回ったことがなく、「強み」の部分だった。今回の順位後退で、「日本の技術革新力が衰えつつあるように見える」と指摘された。

 

今回のランキングでは、中国が、「BRICs」中トップの28位で、インドが39位と前回に比べて16位と順位を上げて躍進するなど、新興国の成長も著しい。

 

こういった状況の中で、日本がより「技術革新力」を向上させるには何が必要なのだろうか。

 

 

新しいフィールドへのチャレンジが技術を変える

その方法の一つが「宇宙開発」に力を入れることだ。

 

これまでに宇宙技術が民間に応用された代表的なものとして、GPSシステムや天気予報などがある。いずれも、宇宙空間に飛ばした人工衛星を介してのもので、カーナビゲーションシステムや天気情報アプリの開発などに発展している。こうした人工衛星を使った産業は、宇宙開発が行われなければ生まれなかった。

 

宇宙関連技術には高い性能・高い信頼性が必要とされる。そのため、おのずと世界最先端のものが開発されるようになり、その中で、ロボットや発電システムなど、様々な分野の技術革新が起きた。民間の航空や防衛といった様々な分野に応用できる。技術革新が起こると共に、多くの分野に富をもたらされることとなり、経済効果は計り知れない。

 

宇宙開発は一例だが、その他、鉄道、航空、エネルギーなどの分野も、新しく基幹産業となり得る。こうした分野に官民連携して取り組むことが、日本がもう一段「技術大国」として世界をリードしていくことにつながるのではないか。(手)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 「『未来産業学』とは何か」 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1049

 

【関連記事】

2015年5月25日付本欄 中国が「月の裏側」に探査機着陸計画 日本も宇宙競争に負けるな

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9688

 

2015年6月28日付本欄 宇宙は「中国」の一部? 日本は宇宙開発計画の前倒しを

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9839

 

2015年7月17日付本欄 NASAの無人探査機が冥王星に到着 日本は大きな志で長期的な宇宙開発を

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9903

タグ: 宇宙開発  技術革新  投資家  国際競争  経済効果  基幹産業  官民連携  防衛  

大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・大分別府ビーコンプラザ・コンベンションホールへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の2つの条件を満たす方です。

・九州7県(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)のいずれかに在住

・幸福の科学 未会員


QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

別府講演会のウェブ予約は 2月9日(木) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
「守護霊とは何か」動画はこちらをクリック
いますぐ有料購読する
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language