「支持率ノミクス」3本の矢

「支持率ノミクス」3本の矢

 

2016年11月号記事

 

安倍政権の次を読む

「支持率ノミクス」3本の矢

 

安倍政権の本質は、 外交・経済における哲学より、支持率を見たほうが、シンプルに理解しやすいかもしれない。

(編集部 馬場光太郎)

 

クリックで拡大

 

「他に適当な人がいない」

 世論調査で、安倍政権を支持する理由のトップにくるのが、この項目だ(注1)。

「これといった理由はないが、何となく任せられる」。そんな安倍晋三首相だが、とうとう自民党総裁の任期延長論まで出始めた。この「何となく人気」はどのようにつくられてきたのか。

 上グラフの支持率を辿りながら、その時々の施策を振り返ると、一つのパターンが見えてくる。

 増税による景気の悪化や、秘密保護法案、安保法案に対するバッシングで支持率がガタっと落ちる。その後、反対論を消し込む様々な施策を打つことで、支持率を回復させる。

 増税先送り、米議会での演説、新・三本の矢の発表、安倍談話や日韓合意―。安倍政権の記憶に残る多くの政策が、このパターンの中にあてはまる。

 安倍政権は絶妙なタイミングで、親安倍派も反安倍派も賛同したくなる政策を繰り出し、支持率を保ってきた。それは、経済成長率ならぬ、支持率のみを計算する"経済"政策、「支持率ノミクス」とでも言えるほどだ。

 だが、高い支持率の割に実体経済は良くない。

 消費支出(実質)は政権発足時に比べ、下がっている(37ページグラフ)。全国的にスーパーや百貨店の閉店ラッシュも始まっている。百貨店に限っても、来年夏までに全国で三越千葉店をはじめとする10店舗が閉まるとも言われている。

 大規模な金融緩和・財政出動を行ったにもかかわらず、実質GDPも、増税後の2年半で、ほとんど増えていない。

 こうして見ると、「支持率ノミクス」はアベノミクスをはるかにしのぐ"成果"を出している。

 安倍政権は、どのように支持率を維持しているのか。そのテクニックを「三本の矢」に見立てて分析してみたい。

(注1)時事通信による安倍内閣の支持率に関する世論調査。 2016年9月実施など。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

第一の矢 世界の評価を逆輸入 安倍マリオ効果

第二の矢 争点を眩ます催眠術 振り子論法

第三の矢 笑顔の裏で政敵を崩す

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年11月号記事  支持率ノミクス  安倍首相  安倍政権  支持率  安倍マリオ  争点  催眠術  振り子論法  消費税  国家権力  政敵  幸福実現党潰し  幸福実現党  石破茂  焦り  支持率  安保法案  消費税  

Menu

Language