空海、行基、日本の神々― 「聖地・四国」2500年の歴史 2 / 四国を禊ぎ護ってきた日本の神々

空海、行基、日本の神々― 「聖地・四国」2500年の歴史 2 / 四国を禊ぎ護ってきた日本の神々

 

2016年11月号記事

 

空海、行基、日本の神々―

「聖地・四国」2500年の歴史

 

「お遍路」で有名な四国。

全国から多くの巡礼者が集うが、解明されていない謎も多い。

文献を読むと、日本神道の神々や行基などとの関係も見えてくる。

現地を訪れ、その謎に迫った。

(編集部 山本慧 / 写真 大滝政文)

 

四国を禊ぎ護ってきた日本の神々

 

四国は空海や行基が多くの寺を建てたことで有名だが、実は神道との縁も深い。

(編集部 山本泉)

 


contents

空海、行基、日本の神々― 「聖地・四国」2500年の歴史 2 / 四国を禊ぎ護ってきた日本の神々


 

 神代の時代、日本はどの場所から創られたのか、ご存知だろうか。

 日本最古の歴史書『古事記』によると、国生みの神として知られる伊邪那岐と伊邪那美が初めに創ったのは、兵庫県・淡路島であるという。

 淡路島、四国、隠岐諸島、九州、壱岐島、対馬、佐渡島、本州―。この順に日本は創られたが、その理由は歴史書では分からない。

 淡路島の伊弉諾神宮には、左の図のような石碑がある。淡路島を中心に、皇室にとって重要な大社が建っており、神道にとって、淡路島は重要な土地だということが示されている。

 その淡路には、「阿波への道」という意味がある。阿波とは、現在の徳島のこと。

 つまり、伊邪那岐と伊邪那美は「徳島に至る道」を初めに創ったことになる。四国、特に徳島は神道にとって重要な土地なのだ。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

禊を行う忌部氏

神々が護っていた四国

国生みの神は「阿波への道」を最初に創った

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年11月号記事  四国  日本の神々  日本神道  伊邪那岐  伊邪那美  淡路島  伊弉諾神宮  皇室  阿波への道  徳島  忌部氏  

Menu

Language