空海、行基、日本の神々― 「聖地・四国」2500年の歴史 3 / 幸福の科学の聖地の謎

空海、行基、日本の神々― 「聖地・四国」2500年の歴史 3 / 幸福の科学の聖地の謎

完成を目前に控えた「聖地エル・カンターレ生誕館」。

 

2016年11月号記事

 

空海、行基、日本の神々―

「聖地・四国」2500年の歴史

 

「お遍路」で有名な四国。

全国から多くの巡礼者が集うが、解明されていない謎も多い。

文献を読むと、日本神道の神々や行基などとの関係も見えてくる。

現地を訪れ、その謎に迫った。

(編集部 山本慧 / 写真 大滝政文)

 


contents


 

幸福の科学の聖地の謎

 

立宗30年を迎えた幸福の科学。節目の年に当たり、幸福の科学の歴史に迫る。

 

 幸福の科学の聖地、徳島県吉野川市川島町。同町では、幸福の科学の御本尊の名を冠した「聖地エル・カンターレ生誕館」の建立事業が進んでおり、9月上旬、見学会が開かれた(上)。

 川島町は、創始者の大川隆法総裁が生まれた地。3日間で全国・全世界から4千人が訪れ、盛況となった。

 聖地巡礼の意義について、大川総裁は9月中旬に行った英語説法で、「この地は、あなた方にとっても、再生の地です!(中略)どのようなところから来ても、受け入れられ、再び生まれ変わることは可能です。これが、生誕館の意味です」と語った(注2)。

(注2)演題は「El Cantare in Kawashima」。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

幸福の科学の草創期

川島町を取り巻く「聖域」

幸福の科学が四国・徳島に誕生した理由!?

古代寺院「大日寺跡」

立宗30年 データで見る幸福の科学

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年11月号記事  幸福の科学  聖地    川島町  聖地エル・カンターレ生誕館  聖地巡礼  善川三朗  聖域  阿波忌部氏  切幡寺  大日寺跡  

Menu

Language