天皇陛下の本心 「生前退位」に隠されたメッセージ Part.1

天皇陛下の本心 「生前退位」に隠されたメッセージ Part.1

天皇陛下は、今年1月の国会の開会式でお言葉を述べた。写真:AP/アフロ

 

2016年10月号記事

 

天皇陛下の本心

「生前退位」に隠されたメッセージ

 

学校で「天皇は日本の象徴」と習ったが、その意味までは……という人は多いはず。

その天皇陛下が今、イスを降りようとされている。御簾の向こうで何が起きているのか。

(編集部 山本慧、小川佳世子)

 


contents


 

「神々と交流する場」が皇居にはある

宮中三殿は、賢所、皇霊殿、神殿の建物の総称。賢所は、皇室の祖である天照大神を、皇霊殿は歴代天皇と皇族の御霊、神殿は国中の神々をそれぞれお祀りされている(画像は宮内庁提供)。

 

「天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」

 8月8日、天皇陛下が自らのお気持ちについて、国民に向けたビデオメッセージでこう述べられた。国民に対して直接語りかけられたのは、即位後2回目で稀なこと。

「生前退位」の意向を強くにじませる内容に、テレビのニュースでは、やれ皇室典範を変えるだの、やれ男系を守るべきなどの"重量級"の用語が飛び交う。

 ムズかしい用語を知らない人にとっては、退位はまるで"隠居話"。だから、退位の理由も「結局、お疲れだから」と思うかもしれない。

 そう思うのも無理はない。だが、陛下の思いや役割を知ってから、生前退位を考えてみては。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

国民と困難を分かち合いたい

天皇の祈りは公そのもの

生前退位よりも根深い問題

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年10月号記事  天皇陛下  本心  生前退位  霊言  役割  祈り  宗教性  宮中祭祀  

Menu

Language