皇室を永続的に守る方法――陛下の「お気持ち」に応えるには - 編集長コラム

皇室を永続的に守る方法――陛下の「お気持ち」に応えるには - 編集長コラム

天皇陛下の81歳の誕生日を祝う一般参賀。写真:AP/アフロ

 

2016年10月号記事

 

編集長コラム Monthly Column

 

皇室を永続的に守る方法

――陛下の「お気持ち」に応えるには

 


contents


 

「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていく」

 今上陛下の「お気持ち」の表明は、「象徴天皇」への深い思い入れを感じさせた。同時に、象徴天皇の役割が「常に途切れることなく、安定的に続いていく」ことを強く望まれていた。

 天皇陛下が「玉音放送」のような極めて異例の手段をとられたことを重く受け止め、皇室の安定的な未来をどう開いていくかを一国民として考えたい。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

皇位危機の二つのパターン

「象徴」対「元首」

皇室を守る憲法改正案

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年10月号記事  天皇  皇位  元首  象徴  大統領制  幸福実現党  憲法試案  編集長コラム  

Menu

Language