貧乏藩を「商社」に変えた山田方谷 ――方谷精神で地方再生

貧乏藩を「商社」に変えた山田方谷 ――方谷精神で地方再生

 

2016年10月号記事

 

――方谷精神で地方再生

 

貧乏藩を「商社」に変えた山田方谷

明治維新の源流は岡山にあった

 

今の日本は、借金1千兆円を超え、財政再建が急務となっている。

その返し方を探るため、日本史上歴代ナンバーワンの財政改革者の故郷を訪ねた。

(編集部 山本慧 / 写真 渡辺正裕)

 

方谷が晩年を過ごした新見市大佐にある「方谷庵」。この畳の上で、瞑想にふけっていたという。

 

方谷にちなんで名付けられたJR伯備線「方谷駅」。近くには、方谷の私塾「長瀬塾」があった(山部琢也氏撮影)。

 現代の日本は、1千兆円の借金を十字架のように背負っている。これを何とかするという"口約束"で、政府は増税を繰り返し、庶民の生活は苦しくなるばかり。

 しかし200年前、日本政府よりも借金まみれだった"江戸時代の自治体"があった。

 岡山県高梁市にあった備中松山藩(以下、松山藩)。松山藩は、収入の3倍を超える10万両(600億円相当)の借金を抱え、財政破たん状態だった(下図)。人々からは、藩主の板倉家になぞらえ、「貧乏板倉」と揶揄された。

 だが、そんな貧乏藩が、借金をすべて返済するという奇跡を起こすのだから、歴史は面白い。その立役者は、山田方谷(1805~77年)。方谷は"藩の財務大臣"として、たった7年で借金を返し、10万両の貯蓄を生んだ。

 実は方谷は、徳川幕府が朝廷に権限を返上した「大政奉還」を起草した人物で、明治維新後は、政府から大蔵大臣(現・財務大臣)の就任を何度も依頼されたほどの逸材。経済に精通した武人と言えば、豊臣秀吉を思い出すが、方谷もそれに匹敵する功績を残した。

 

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページからのポイント

方谷のとった財政再建策とは

方谷精神が危機の村を救った

インタビュー 青木秀樹・西粟倉村長

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年10月号記事  山田方谷  地方再生  松山藩  財政再建  西粟倉村  ベンチャー  青木秀樹  

大川隆法 IN 東京ドーム

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・東京ドームへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

講演会のウェブ予約は 7月29日(土) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
「守護霊とは何か」動画はこちらをクリック
新宗教15の疑問 - Part2 幸福の科学への14のギモンを検証する
いますぐ有料購読する
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language