まもなく沖縄は危機を迎える - 石垣島ルポ

まもなく沖縄は危機を迎える - 石垣島ルポ

 

2016年10月号記事

 

石垣島ルポ

 

まもなく

沖縄は危機を迎える

 

沖縄県の尖閣諸島海域では、中国の漁船、公船、軍艦が頻繁に姿を現している。この先に何が待っているのか。石垣島を訪れ、この問題に向き合った。

(編集部 山下格史)

 

 

 厳しい日差しが照りつける8月、頑丈に仕切られたフェンスをくぐると、きれいなアスファルトが敷かれた桟橋に、複数の巡視船が停泊していた。

 沖縄県・石垣島にある石垣海上保安部には、2012年度以降、約500人が増員され、今春には巡視船が10隻増えた。合わせて689人、16隻の体制は、全国の保安部で最大規模だ。

 これは、多くの中国船が押し寄せている尖閣諸島(同県石垣市)を守るための「専従体制」。

 多忙な業務の合間を縫って、取材に応じてくれた同保安部の宮崎一巳部長は、こう語った。

「この海域では、現場のミスが外交問題につながりかねません。日々厳しい緊張状態の中で、隊員は精一杯、任務にあたっています。"国境警備隊"としての役割に誇りを持ち、この海域の安全を守り続けていきたい」

 

 

軍事訓練であることは明らか

 8月上旬、尖閣諸島の接続水域内に、中国海警局に所属する15隻の公船と200~300隻に及ぶ漁船団が押し寄せた。

「海警局」は日本で言えば海上保安庁にあたるが、人民解放軍と緊密に連携しており、退役軍人などでつくる漁民に扮した「海上民兵」約30万人に対して、海上における行動の指示を出しているという。

 九州・沖縄の防衛・警備にあたる陸上自衛隊西部方面隊の元総監・用田和仁氏は、こう警鐘を鳴らす。

「中国漁船は1隻に30人以上乗れる大きなものもあり、200~300隻であれば、軍隊で言えば1個師団に相当します。表向きは『漁』と言っても、『軍事訓練』であることは明らか。海保を増強するのは大事ですが、海保は『海の警察』。犯罪を取り締まる警察権で対処できない事態を想定する必要があります」

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

尖閣有事は明日にも起きる

日台で中国に対峙すべき

李登輝元総統に示した、幸福実現党の台湾政策

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年10月号記事  沖縄  危機  石垣島  中国  尖閣諸島  漁船  人民解放軍  自衛隊  尖閣有事  Xデー  李登輝  幸福実現党  釈量子  

Menu

Language