日本は何をしているのか STAP実験に韓国からの留学生が成功 - ニュースのミカタ 1

日本は何をしているのか STAP実験に韓国からの留学生が成功 - ニュースのミカタ 1

2014年4月、大阪市内で記者会見を開いた小保方晴子氏。写真:毎日新聞社/アフロ

 

2016年7月号記事

 

ニュースのミカタ 1

科学

 

日本は何をしているのか

STAP実験に韓国からの留学生が成功

 

 

 「ES細胞の混入によるねつ造だった」――。

 そう否定された小保方晴子氏のSTAP細胞の研究が、海外では別の形で続いています。

 独ハイデルベルク大学の研究チームが、STAP細胞の論文を下地に、「がん細胞に酸性の刺激を与えたところ多能性細胞になった」ことを報告する論文を3月に発表しました。このチームでは、人間のがん細胞の酸性度が人体の他の細胞よりも強いことに注目して、がん治療の研究をしているとのことです。

 論文の筆頭著者はキム・ジヨン氏。韓国政府の支援で海外留学中の、博士課程の女性です。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年7月号記事  ニュースのミカタ  小保方晴子  STAP  キム・ジヨン  抹殺  理研  再現  

Menu

Language