蔡英文・新政権が発足台湾との絆を深めよう - 国防女子が行く!

蔡英文・新政権が発足台湾との絆を深めよう - 国防女子が行く!

中国よりも、日本やアメリカ、東南アジアなどとの外交関係を重視している民進党の蔡英文・新総統。写真:ロイター/アフロ

 

2016年7月号記事

 

国防女子が行く!

 

Part1

 

東日本大震災の直後に、留学先の台湾の大学構内で記者が見つけた「日本頑張れ!」のメッセージ。

 

蔡英文・新政権が発足台湾との絆を深めよう

 

台湾で5月、親日的な民進党政権が発足しました。外交関係はありませんが、さまざまな形で絆を深めてきた日本と台湾。  両国が進むべき未来について考えました。

(編集部 小林真由美)

 

 

「地震による被害が最小限にとどまり、日本の友人全員が無事であることを願っています」

 熊本地震直後の4月中旬、民進党の蔡英文主席は、いち早くコメントを発表しました。

 同党に所属する頼清徳・台南市長は、市民に熊本への支援募金を呼びかけ、自らも1カ月の給与の寄付を表明。台湾全土から、6500万円もの支援金が寄せられました。

 

 

受けた恩は絶対に忘れない

2016年に起きた台南地震の後、不眠不休で現場指揮を執った頼市長。写真/中央通訊社

 台湾は、2011年の東日本大震災の時も、200億円を超える義援金を送ってくれました。そのほとんどは、街頭での少額の募金を積み上げたものだというので驚きです。

 震災時、記者は台湾に留学していました。テレビが伝える被災地の状況は厳しく、不安は募るばかり……。気を紛らわせようと散歩に出かけると、街頭には、募金を集める台湾人の姿が。近くの台湾大学の構内には、花びらで書かれた「日本、頑張れ!」のメッセージがありました。この時感じた台湾人の温かみは、今でも忘れられません。

「なぜ、こんなに日本人に優しいの?」と尋ねると、台湾の人々は、「恩返しだ」と言います。

 1999年、台湾中部で大地震が発生した時、どの国よりも早く、日本の救助隊が駆けつけ、昼夜を問わず、懸命な救助活動にあたりました。

 また、今年2月に台南で地震が起きた時も、日本政府は直ちに約1億3500万円の支援をしました。

 この地震の際、市民のために不眠不休で指揮を執った頼市長は、「日本の迅速な支援と、百通を超える慰問のお手紙に、心から感動しました」と振り返っていました。

 この頼市長に、日台の絆について、話をうかがいました。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

インタビュー: 頼 清徳氏 / 頼 怡忠氏

日本との強い絆を大切にしたい / 台湾人が中国の"人質"になる恐れがある

台湾人が中国に拉致されています!

日本と台湾の絆がアジアの平和を守ります

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年7月号記事  著名知識人  頼清徳  頼怡忠  日本  台湾  中国  蔡英文  ケニア  強制送還    

大川隆法 大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・幕張メッセへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 12月5日(火) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language