参院選 福島選挙区 「福島安全宣言」を求める候補者が出馬を表明

 

福島第一原発事故から5年以上経った今も、「福島は放射線で汚染されている」という間違ったイメージが、多くの人々に刷り込まれている。

 

当時の民主党政権や、その後の自民党政権による「強制避難」によって、いまでも多くの人々が故郷に戻れず、仮設住宅や県外で生活を続けている。

 

だが、これまで放射線が原因で亡くなった人は、一人もいない。逆に、強制避難させられたことで心身に大きなストレスがかかり、病気や自殺などで多くの方々が命を落としている。

 

 

放射線への無用な恐怖心を取り除く必要がある

幸福実現党で総務会長 兼 出版局長を務める、福島出身の矢内筆勝氏が28日、福島県庁で会見を開き、夏の参院選で、福島選挙区からの出馬を表明。「福島安全宣言を出すべきだ」と力強く語った。

 

原発事故の後、矢内氏は、福島県内を調査したり、県内外で、講演会やデモ行進を行い、「福島は安全である」と訴えてきた。以下は、主な論点。

 

(1)福島の放射線は安全なレベル!

福島県内の放射線量は多くの地点で、他県や世界の主要都市と同じレベルか、それ以下にまで下がっている。20km圏内の最も線量の多い地域でも、最大で年間換算13ミリシーベルト程度であり、政府が定める帰還可能な線量20ミリシーベルト未満。国際的な放射線の安全基準によれば、年間100ミリシーベルト以下は、基本的に健康に影響がないレベルだ。

 

(2)除染は必要ない!

現在、福島では、年間1ミリシーベルト以下に抑えるという目標を掲げ、放射線の量を減らす除染が行われている。しかし、日本の自然放射線の平均値は年間1.48ミリシーベルトであり、年間1ミリシーベルト以下にする除染は、まったく必要ない。

 

(3)政府は一日も早く「福島安全宣言」を!

政府が福島県民に出した避難指示は、科学的根拠に基づいたものではなく、専門家による調査や危険性の検証が十分になされていない。この過剰な避難指示は、結果として放射線への無用な恐怖を煽り、今なお、福島の人たちに大きな損害を与えている。

 

矢内氏は、福島を本当に復興させるためには、政府が強制避難指示の誤りを認め、早急に「福島安全宣言」を出し、国内外の福島の放射線への「恐怖心」を取り除くことが必要と語る。

 

国内外に広まっている福島への風評被害を払拭し、福島県民の「故郷に帰る自由」を取り戻すことが求められている。

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『天使は見捨てない』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1473

 

【関連記事】

2016年5月号 福島安全宣言は日本を救う

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11090

 

2016年3月11日付本欄 福島県民らが「福島は安全だ」とデモ 「福島第二原発の再稼働」も

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11045

 

2016年4月号 震災から5年 現地ルポ - 福島で怖いのは放射線ではなく糖尿病

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10963

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language