Part 1 「保育園落ちた」をなくす方法 - 愛してるから、黙ってられない。 女性が損をしないための3つの政策

Part 1 「保育園落ちた」をなくす方法 - 愛してるから、黙ってられない。 女性が損をしないための3つの政策

撮影協力/幸福実現党党首 釈量子、木下ちひろ、木下奏、木下陽仁

 

2016年6月号記事

 

愛してるから、黙ってられない。

女性が損をしないための3つの政策

 

保育所不足、暮らしの環境、そして国どうしの戦争など、

世の中には、自分一人ではどうにもならない問題がある。

それを解決するのが政治の使命だ。

今まで、女性の声は国会に届かないことが多かった。

だが、「これっておかしいんじゃない?」「どうにかならないの」という

声が集まれば政治を変える大きな力になっていく。

家族や友だち、そして日本を愛しているから

政治を変えるために、声を上げよう。

 

 

Part 1

「保育園落ちた」をなくす方法  p.22へ

 

Part 2

「戦争リスク」をなくす方法  p.28へ

 

Part 3

「満員電車・狭い家」をなくす方法  p.36へ

 

 


contents

 

 

Part 1

 

補助金に頼らない!

「保育園落ちた」をなくす方法

 

「保育園落ちた、日本死ね」のブログで保育所に入れない子供、

「待機児童」の問題に注目が集まった。

実際、ママたちは保育所探しで疲れ果てている。

だが、税金で保育所を増やせば解決するのだろうか。

(編集部 小川佳世子、山本泉)

 

 

保育所がない

 東京都江戸川区に住むデザイナーの山内美由紀さん(仮名・43歳)は、子供が1歳になるころ、保育所探しを始めた。

「家計も楽じゃないので、本格的に仕事を再開しようと保育所を調べたら、1歳から預けるのはほぼ無理と分かりました」

 どうしても保育所に預けたかったため、役所に書類とともに、嘆願書も提出。出産後も自宅で仕事をしていた実績もあり、認可保育所(以下、認可)に預けることができた。

「認可保育所」とは、多額の税金が投入されているため、利用料が安く、サービスも手厚い保育所だ。多くのママが利用を望んでいるが、受け入れの人数は限られている。

 東京都品川区に住む安原愛さん(仮名・31歳)は、認可に落とされ続けた。非正規社員のため、フルタイムで働く正社員が優先されるからだ。

「品川区では、正社員でも認可に入れないことがあります。仕方なく、認可外の保育所に預けています」

 認可外の場合、保育料が月10万円に達することもある。「早く認可に入りたいです」と少し疲れた顔で語る。

 東京都港区の保育所の園長だった斎藤春美さん(仮名・38歳)は、必死で保育所を探すママたちを数多く見てきた。 

「あるママさんに『私より後に予約した人が入園するらしいけど、どうなっているの!』と迫られたこともあります」  

 奥さんの給料がすべて保育料に消えても、認可に決まるまで、高額の認可外で我慢する家庭も多いという。

「今は、一度仕事をやめたら、同じ条件で再就職することは難しいですから、保育所に入れるかどうかは死活問題なんです」

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

不平等な仕組み

自民党・民進党・共産党・幸福実現党などの政策

選択肢を増やす

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年6月号記事  女性  政策  保育園落ちた  補助金  待機児童  自民党  民進党  共産党  幸福実現党  不平等  仕組み  選択肢  

大川隆法 大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・幕張メッセへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 12月5日(火) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language