震災から5年 園田監督がロケ地を再訪 「福島から幸せを運びたい」 - 映画「天使に"アイム・ファイン"」特別企画

震災から5年 園田監督がロケ地を再訪 「福島から幸せを運びたい」 - 映画「天使に"アイム・ファイン"」特別企画

 

2016年4月号記事

 

映画「天使に"アイム・ファイン"」特別企画

 

震災から5年 園田監督がロケ地を再訪

「福島から幸せを運びたい」

ここにもあった「天使に"アイム・ファイン"」物語

 

3月19日から公開される映画「天使に"アイム・ファイン"」の

ロケ地となった福島県会津若松市。

実際の撮影現場となった農家に園田映人監督が訪れ、

風評被害にも負けずに農業を営む家族に話を聞いた。

(編集部 河本晴恵)

 


contents

 

 

古川さん宅で撮影した「福島の章」のワンシーン。八百屋を経営する父親に反発する優也を、ある青年との出会いが大きく変える。

園田映人監督(以下、園): 古川さん宅の納屋の撮影が、クランク・インでしたね。

古川喜一郎さん(以下、古): 当日はトラックやバスが何台も来ていたので、「何をやっているのか」と、近所の方がたくさん見ていました。

: 本当にお騒がせしました。いろんな媒体や、映画会社の幹部の方も来ていましたから。

: 皆さん、熱気があって一つの方向に向かっていましたね。あの時、監督さんから「会津弁をご指導ください」ってお願いされたんですが、役者さんが私より上手くてビックリしました。スタッフさんも一生懸命で、圧倒されました。

: 脚本を見て、やりたいと手を挙げてくれたスタッフだったので、思いが一つになっていました。撮影を通じて体調がよくなったという方もいますし。古川さんにはロケ中に烏龍茶を振る舞ってもらったんですけど、スタッフの間では「烏龍茶の方」と有名で。皆を笑顔にしてくれた古川さんの存在は大きかったです。

 

 

放射線による害はない

: 土屋さんと古川さんは、ご親戚同士で株式会社を立ち上げられて、お米の生産から販売まで手掛けていらっしゃるんですね。起業されたのが2012年で、ちょうど風評被害が激しい時期だったと思いますが、実害はありましたか。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

立ち上がる人々を描いた

大事なのは「天使」の心

今後のビジョン

 

幸福実現党
次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年4月号記事  天使に"アイム・ファイン"  園田映人  著名知識人  福島  映画  東日本大震災  復興  

Menu

Language