『正義の法』が10倍分かる - 宗教対立を解決するヒント 家庭や企業に置き換えて考える

『正義の法』が10倍分かる - 宗教対立を解決するヒント 家庭や企業に置き換えて考える

1月、破壊されたイエメンの首都サヌア。イスラム教スンニ派のサウジアラビアが主導し、イエメン内のシーア派の反政府勢に対して空爆した。写真:ロイター/アフロ

 

2016年4月号記事

 

話題の本

 

『正義の法』が10倍分かる

宗教対立を解決するヒント

家庭や企業に置き換えて考える

 

正義の法

正義の法

大川隆法著

幸福の科学出版

ニュースを見て、「中東の宗教対立は何とかならないの?」と考える人は多いはず。

話題の本『正義の法』には、「何とかする方法」が示されています。

同書の論点をベースに、問題の本質を理解していきましょう。

 

 

 中東を舞台に、さまざまな価値観が複雑にぶつかり合っています。キリスト教とイスラム教、同じイスラム教のスンニ派とシーア派など、争いは終わる兆しを見せません。

「宗教があるから戦争が起きる」という考え方について、大川隆法・幸福の科学総裁の2000書目の著書『正義の法』では、こう指摘されています。

原理主義のように、もともとの教えを長く守り続けていると、社会が変わってきたときに合わなくなる部分が出てきて、ほかのものとぶつかるようになります

 外国の宗教の問題は難しいかもしれませんが、この問題を家庭や企業に置きかえると分かりやすくなります(68ページ)。「私の信条はこうだ」「このやり方が正しい」と思っていても、時代や状況が変われば、それが足かせになることもあります。

 個人も企業も、常にイノベーション(注)が必要なのです。

(注)時代に合わせて変わり続けること。代表的なイノベーションの方法として、「異質なものの結合」と「体系的廃棄」がある。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年4月号記事  正義の法  大川隆法  中東  宗教  対立  紛争  弾圧  イノベーション  

Menu

Language