北朝鮮、核の小型化に「成功」 金正恩守護霊が90分間激白!

北朝鮮、核の小型化に「成功」  金正恩守護霊が90分間激白!

 

公開霊言抜粋レポート

 

北朝鮮、核の小型化に「成功」

金正恩守護霊が90分間激白!

 

公開霊言「北朝鮮・金正恩はなぜ水爆実験をしたのか」

2016年1月7日収録

 
「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

北朝鮮が、新年早々、世界を騒がせている――。

2016年が幕を開けたばかりの6日正午、北朝鮮は、「特別重大報道」と銘打った朝鮮中央テレビの放送の中で、「水爆実験の成功」を発表した。この実験を事前に察知していた国はほとんどなく、突然の発表を受け、世界各国の首脳は、一斉に非難声明を発表。同日、安倍晋三首相も「わが国の安全に対する重大な脅威であり、断じて容認できない。強く非難する」とした。

 

北朝鮮が実験したという水爆(水素爆弾)とは、地球上で最も強力な兵器と評され、国際連合の常任理事国5カ国(米・英・露・仏・中)のみが保有する"稀有な兵器"。かつて広島・長崎に投下された原爆よりも、数百倍以上の威力があると言われており、北朝鮮は大国と肩を並べる軍事力を手に入れたことになる。

 

 

核の小型化に「成功したんだ」

しかし、韓国の情報機関・国家情報院は、今回の核実験の爆発力を6~7キロトン程度と推定。「水爆の可能性は低い」との見方を示した。日本の多くのマスコミも、これに同調する評論を伝えており、海外も含め、北朝鮮の発表内容に疑問を呈する声も多い。

 

だが、大切なのは、最悪の事態に備えておくことだろう。

 

そうした中、大川隆法・幸福の科学総裁は7日午前、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の本音を聞き出すために、同氏の守護霊を招霊。実験の成否や、その真意に迫った。

 

霊言の冒頭で金正恩氏の守護霊は、「(核の小型化は)成功したんだ」「水爆が手に入った以上ね、もう中国の援助なんかもそんなに必要ない」などと発言。「(小型化した核を搭載した)ロケットが飛ばせるなら、アメリカや、イギリス、フランス、ロシア、日本や韓国なんかは言うまでもないことだけども、みんな射程距離に入った」と語り、さらなる恫喝を行った。

 

特に日本に対しては、「水爆ができたっていうことは、皆殺しができるっていうことだ。(原爆では)都市壊滅ぐらいだけど、日本を丸ごと皆殺しができるようになったということは、君たちは丸ごと人質になったわけよ」と脅迫。最低でも10兆円程度の"身代金"を差し出すよう示唆し、開発した核技術を金に換える狙いを明らかにした。

 

その上で金氏の守護霊は、「親父(金正日)や祖父(金日成)を超えたということ。最高権力者になったということを、やっぱり誇示する必要がある」と述べ、核実験の意義を力説することも忘れなかった。

 

 

日本は北の脅威を過小評価しがち

こうした狙いが鮮明になる一方で、東アジアの脅威に対応すべきアメリカの姿勢は心もとない。

 

世界各地で「弱腰外交」を展開するオバマ大統領は、残りの任期が1年を切って、さらに政権の「レームダック化(死に体)」が深刻化。オバマ氏は、中国の南シナ海への進出に対してもほぼ野放しにしており、「ならず者国家」を増長させている。

 

日本も、戦後から続く「平和ボケ」から抜け出せず、いまだに国防強化に反対する向きが根強い。今回の核実験のほかにも、マスコミや左翼勢力は、12月に行われた潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験の「成功」に懐疑的な見方を示すなど、長らく、北朝鮮の脅威を過小評価し続けてきた。

 

この点について、金氏の守護霊は、「君らは、本当にいいマスコミを持っているねえ。(中略)疑い深いということが、自分たちを危機に陥れているということが分からないのは残念ではあるが、うちにとっては有利なことだ」と日本を皮肉った。

 

事実、民主党などの5つの野党は、核実験が発表された6日に、安全保障法制の廃止を要求。沖縄でも、多くの左翼団体が、名護市辺野古への基地移設に対する反対運動を続けており、日本の国防力を弱体化する動きがある。

 

 

北の脅威は、参院選で争点化すべきテーマ

振り返れば、北朝鮮が2009年5月に核実験を強行した際、日本の既存政党は、北の脅威には目を向けず、安全保障政策を"持たない"民主党が、その年の夏に行われた衆院選に勝利して、政権交代が起きた。当時、北朝鮮や中国の脅威を訴えていたのは、唯一、同年に立党した幸福実現党であり、日本の国防強化は後回しにされ、「国難」が顕在化した。

 

もう、2009年の過ちを繰り返してならない。北朝鮮の脅威が明白になる今、夏の参院選では、対北朝鮮外交を争点に加えるべきであり、日本の有権者も、その意思を示すべきではないか。

 

国際社会は、世界の平和と繁栄を損ねる北朝鮮に対して毅然とした態度で臨み、地獄のような苦しみを味わっている北朝鮮の国民を解放するためにも、金王朝の独裁体制を崩壊へと追い込まなければならない。

 

霊言では、この他にも注目すべき、以下のポイントへの言及があった。

  • 次に考えている、「ある実験」について。

  • 金正恩氏の権力基盤は盤石か? クーデターの可能性は?

  • 健康悪化が取りざたされる金正恩氏の体調。

  • 北朝鮮の「後ろ盾」だった中国との関係は良好か否か。

  • 中国がフィリピンと戦い始めたときに、北朝鮮が狙っていること。

  • 米大統領選で注目されている、トランプ氏やヒラリー氏への評価。

  • 韓国の朴槿恵大統領や潘基文・国連事務総長について。

  • 核実験を進めるイランとの"密約"とは?

  • ロシアのプーチン大統領は、金正恩氏の味方なのか敵なのか。

 

なお、この霊言は、幸福の科学の全国の支部、精舎、拠点において、拝聴できる。

また、この霊言を収録した書籍は、1月8日(金)から、全国の書店で緊急発刊される。

支部や精舎への問い合わせは、以下の連絡先まで。

 

・幸福の科学サービスセンター

TEL 03-5793-1727(火~金10~20時、土日10~18時)

 

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

http://map.happy-science.jp/まで。

 

 

【関連書籍】

幸福の科学出版『守護霊インタビュー 金正恩の本心直撃!』大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=939

 

幸福の科学出版『オバマ大統領の新・守護霊メッセージ』大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1147

 

幸福の科学出版 『正義の法』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1591

 

【関連記事】

Web限定記事 世界が激震! 金正恩守護霊が明かす対日・対韓国の戦略とは?

http://the-liberty.com/article.php?item_id=5897

 

2015年10月15日付本欄 北朝鮮「戦争の準備はできている」 いまだ続く朝鮮戦争

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10311

 

2015年9月8日付本欄 北朝鮮亡命者が語る「金正恩体制は10年以内に崩壊する」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10145

タグ: 大川隆法  霊言  北朝鮮  水爆  核兵器  金正恩  オバマ  中国  ミサイル  

大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)

QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

苫小牧講演会のウェブ予約は 6月23日(木) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)

QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

さいたま大講演会のウェブ予約は 7月4日(月) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

月刊誌最新号
「守護霊とは何か」動画はこちらをクリック
いますぐ有料購読する
ようこそザ・リバティWebへ
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language