強制避難の誤りを認め「福島安全宣言」を - 福島復興を祈って 幸福実現党総務会長 兼 出版局長 矢内筆勝

強制避難の誤りを認め「福島安全宣言」を - 福島復興を祈って 幸福実現党総務会長 兼 出版局長 矢内筆勝

 

2015年12月号記事

 

福島復興を祈って

 

強制避難の誤りを認め「福島安全宣言」を

 

2011年3月の福島第一原発事故から4年半が経った今も、原発周辺は復興の兆しが見えない。

当時の民主党政権が出した避難指示により、多くの人たちが故郷に戻れないためだ。

福島県出身の矢内筆勝幸福実現党総務会長が、福島復興にとって最も大切なことは何かを語った。

 


contents

 

 

幸福実現党総務会長 兼 出版局長

矢内筆勝

(やない・ひっしょう)1961年福島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。朝日新聞を経て幸福の科学に入局。主に広報部門を担当した後、本誌編集部を経て、広報局長、常務理事等を歴任。2009年幸福実現党に入党。2012年12月に党首に就任。2013年9月より現職。

 福島第一原発事故後、「福島は放射線で汚染されている」「原発は危険」という“風説"が一人歩きしています。しかし、放射線が原因で亡くなった方は一人もいません。逆に、原発周辺の20キロ圏内から強制避難させられたことで心身に負担がかかり、病気や自殺で多くの方が命を落としているのです。

 しかも避難指示は、科学的根拠に基づいたものではありません。専門家による調査も危険性の検証も十分になされていないのです。この過剰な避難指示は、結果として放射線への無用な恐怖を煽り、今なお、福島の人たちに大きな損害を与えています。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

放射線への無理解が与える三つの損害

避難継続と除染に投じられる多額の税金

政府は「福島安全宣言」を

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年12月号記事  福島復興  福島第一原発事故  矢内筆勝  幸福実現党  放射線  避難継続  除染  安全  

Menu

Language